男性

キイロスズメバチの駆除を安全に実行しよう|駆除業者の選び方ガイド

ハクビシンの駆除

アライグマ

ハクビシンは田畑を荒らしたり、生ゴミを食い散らかしたりすることがあります。このような被害を避けるには、これらが近づかないような環境を整えることが大切です。また、ハクビシン駆除を行なうときは、業者に依頼すると効率的です。

もっと知ろう

害虫への対処を考えます

蜂

迅速な対処が大切です

人間の生活環境と比較すれば、昆虫のサイズは非常に小さくて気にならないことが多い存在です。しかし、農業においては農作物に悪影響を与える可能性がある一方、都市環境であっても住宅を劣化させる要因になる場合があります。また、人間に対して直接的な危害を及ぼす場合もあるので、害虫として敬遠される昆虫は少なくありません。キイロスズメバチは日本で観察されているスズメバチの大部分を占めている種で、毎年のように刺される事故が発生しています。攻撃を受ける心配がなければ自主的に駆除できる害虫も、刺される可能性がある場合には躊躇することも当然です。しかし、放置すれば一層の繁殖を招くので、危険性を早期に排除するためにキイロスズメバチの巣は駆除業者への依頼が人気です。

攻撃性の高い種類がいます

ハチが危険であると考えられている最大の要因として、針で刺される可能性があることです。しかし、針は産卵管が変質した器官なのでメスしか保有していないため、オスには攻撃を受ける危険性はありません。更に、危害を加えなければ攻撃しないハチもいる上に益虫として産業上不可欠な存在である場合があるので、全てのハチが駆除の対象と言う訳ではありません。しかし、キイロスズメバチは極めて攻撃性の高い種類として知られていて、生活環境の安全確保のためには迅速な駆除が必要です。キイロスズメバチと言う名称の通り、外観は全体的に黄色い大型のハチであることが特徴です。春から繁殖して夏から秋にかけて活動の最盛期になるので、業者への依頼件数が増加します。

プロの力を借りて家を守る

シロアリ

なかなか自力ではできないハクビシン駆除は、早い段階でプロの業者にお任せする方法が一番よく、利用する方も多くなっています。口コミサイトを見たり、事前調査に来た時や説明がしっかりしているかなどを観察して、信頼できる業者を探して相談してみましょう。

もっと知ろう

害獣駆除の難しさ

蟻被害

ハクビシンは鳥獣保護法で守られており、素人が勝手に駆除することはできないのです。しかし、糞害などで家そのもが被害を受けることもあるため見つけた場合はハクビシン駆除を請け負ってくれる専門業者に依頼することをお勧めします。

もっと知ろう